学習村の「とりあえず国公立を目指せ!」

国公立は想定しつつも、私大対策もしっかりと。どこへも行き場がないには、いちばんつらいからね。ちなみに、自分は国公立一本で、ダメなら、仕事しながらどうしても行きたきゃ自力で、という家庭育ちでした。そんな人は塾を利用しないと思うけど、そんな人にも役立てれば幸いです。学習村(フミ先生の英語も強い!理数教室)はiPadやPCで通塾できるオンライン個別&寺子屋教室となりました。

学習村の「とりあえず国公立を目指せ!」 イメージ画像
英語も強い!理数系オンライン個別指導です。通常の個別指導よりも考えるための時間をたっぷりとった【週4回×3時間の寺子屋個別指導】です。

◆フミ先生の思い(重い?)

定期テスト対策はしないのがベストに決まっていると考えています。特に、中学生でありがちなのが、定期テスト対策なのだが、中学の定期テストは1年分の5分の1だ。高校入試では15分の1の学習量である。たった1年の5分の1の学習量の勉強計画を自分でたてられないようで、大
『【学習村の教え方】定期テスト対策はしないのがベストに決まっているよねって話。』の画像

高校物理では苦い思い出がある。今でいうセンター試験で大失敗したことがある。まず本番での信じられないミスとこだわりすぎ。本番で1+1=1になっていたことがあった。普段したことのないミスがおこってしまった。物理では(1)からの続きの問題が多いので、後の問題を

高校時の勉強で、ダメだったところの一つ。興味のないところは全然しない。そのおかげで、高校の最初のテストで赤点を3つもとってしまった。結果としては、戦略的にそれがよかったのかどうなのかはわからない。けれども、ふりかえると、やっておけばよかったかなと思う。ち

国語は本当に苦手意識を持っていた。ただうかつにこの話をすると、「僕も1だったんですよ~」というときもあって、あまりそう言ってはいけないとも思う。中学生のときの評定はずっと5だったからだ。ただし、その5の中身はひどい。国語の読解問題を全部暗記して、試験にの

高校の頃の英語の予習は、よくしたと思う。最低でも2時間ぐらいはかかったかな。調べていると、寄り道が多くなるので、自然とそうなるんだよね。でもそれでよかったのは、それで英語の学習はほぼ終わってしまったことだ。英語のテスト勉強は、そのおかげであまり必要はなかっ

↑このページのトップヘ